Menu broker

高く売りたい方

ご希望を最大限まで叶える仲介売却

時間をかけてもより希望に近い価格での売却を目指す、仲介売却の利点や手続きの進め方についてご紹介しております。住み替えをお考えの方や、できるだけ高く不動産を現金化したいというお客様にお勧めしている売り出し方で、大切な不動産を適正な価格で売却するための戦略の提案を行っております。売却に際しての疑問やご不安を解消しながら、スタッフが丁寧にサポートいたします。

仲介手数料とは

不動産の売却が成立した場合には、仲介してくれた不動産会社に成功報酬としての仲介手数料を支払います。仲介手数料の金額は、宅地建物取引業法で次のように上限が定められております。

売買価格 仲介手数料の上限
400万円超 (物件価格×3%+6万円)+消費税
200万円超〜400万円以下 (物件価格×4%+2万円)+消費税
売買価格が200万円以下 (物件価格×5%)+消費税
AdobeStock_211210399_1920

仲介売却のメリットと注意点

メリット 注意点
不動産買取よりも高い価格で売却が可能 売却までに時間がかかってしまう場合がある

何といっても一番のメリットは、不動産買取よりも高い価格での売却を目指せる点です。不動産買取では、不動産会社が査定した価格で売却するしかありません。その点、仲介売却では売主様にとって思い入れのある不動産を希望する価格で売り出すことができます。
買取価格が低くなってしまうのは、不動産会社が買い取った物件をリフォームしたり修繕したり、あるいは古家を解体したりしてから売り出すためです。これに対して仲介売却では、売主様側でリフォームや修繕を加えることで、物件の魅力を高めることも可能です。
menuBroker2
もちろん、仲介売却にもデメリットはあります。一般的には売却までに時間がかかってしまい、最悪の場合、購入者が見つからず、売却価格を下げることを検討しなければならないことも。また、購入希望者への内覧対応や条件面の折衝など面倒な作業も必要です。
なお、満足いく売却活動を進めるには、不動産会社の売却活動も大きく影響いたします。当社では、知識も経験も豊富なスタッフが、お客様に寄りそって、熱心で丁寧な売却活動を行っております。不動産の売却は当社へお任せください。